ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

現在、地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。
「ZEH」とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」のことです。
政府のエネルギー基本計画では、「住宅については、2020 年までに標準的な新築住宅で、2030 年までに新築住宅の平均で「ZEH」を実現することを目指す」とされています。
滝川建築ではお客様の豊かな生活を実現するため、2020年度までに新築住宅の55%を「ZEH」に対応できる高断熱・高気密の住宅とすることを目指します。



ZEH対応住宅について何かご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP