異素材が生きる家

竣工年 H18年

木、ガラス、アルミ、石、じゅうたん、畳。いろんな素材の味わいが共存している家は、ひとつの空間でありながら、様々な表情をみせてくれます。また、ガラスを使うことで空間を広くみせたり、木の梁を見せることで高さを出したり、どこを見ても奥行きのある、広々とした空間に仕上げているのがこの家の特徴です。生活する家族のことが家のどこにいてもわかる、見える。そんな空間をイメージしました。また、採光のためのフィックス窓と、換気のための窓をしっかり分けて設置し、デザイン性と実用性を両立しています。

お客様の声

スタイリッシュな外観と、人にやさしい内観に、とても満足しています。素材や設計の工夫で、とても空間が広いのでゆったりと暮らせます。とくに、屋根裏スペースを利用したロフトは、子どものお気に入りです。

建築概要

建築場所 松山市
構造・階数 木造2階建
施工面積 113.50㎡
用途 住宅


PAGE TOP